ブログトップ

八ヶ岳南麓週末日記+α

PJの誕生日だったので

5月24日はPJの誕生日。
生きていたら13歳。かわいいおじいちゃんになっていただろうなあ。

6歳のときのPJ。
d0152765_18154856.jpg


ちょうどセージが咲いていたので、ジャスパーも同じ写真を撮って並べてみました。
d0152765_18163812.png

前も同じように撮ったけど、ジャスパーまだ1歳半だったから子供の顔だったので。
やっぱりPJのほうが優しい顔かな。

このセージの花を持って、八ヶ岳ペット霊園にお参りしてきました。
d0152765_1821106.jpg

卒塔婆ずいぶん増えている。

庭仕事の終わりに咲いている花を切って、花束作り東京にも持って帰ってお供え。
d0152765_18224286.jpg

PJにもう一度会いたいなあ。
[PR]
by PJmama | 2015-05-24 18:23 | PJ | Comments(0)

今日はPJの命日

今日9月29日は先代PJの命日です。
d0152765_1241355.jpg

いつもはおじいちゃんたちと一緒だけど、今日は特別一人よ~。
バスケットのお花はたまたま昨日夫がもらってきたもの。
PJに合うビタミンカラー。

PJは4年前の今日の未明PJは虹の橋を渡りました。
7歳半の若さで、倒れてから1週間で逝きました。
やっぱり辛くて亡くなった前後のブログは今までほとんど読むことができませんでした。
フィリーちゃんが亡くなって、久しぶりに読んでみたらやっぱり涙が出てしまいました。
普段はジャスパーと比べて、人には甘ったれだったけど、犬には男気があった大人の犬だったなって楽しい思い出だけを思い出しているんですけどね。

ただ、ジャスパーはPJと似ていることが多くて、やっぱりPJの半分の魂が入っていると思えて仕方ありません。
なので、いつも一緒って感覚があるのでさびしくないんですよねえ。

今日はたまたま近所のお祭り。
PJはお神輿のお囃子が聞こえると、怖くて逃げていました。
ジャスパーも一緒。
d0152765_12493135.jpg

パソコン机の下に逃げ込んでいます。

お空にいる半分のPJにジャスパーが長生きするように守ってもらいたいなと思っています。
[PR]
by PJmama | 2013-09-29 12:51 | PJ | Comments(10)

八ヶ岳ペット霊園

今回のGWの重要なミッションはチャコティ(初代GRうちに来て2週間で亡くなりました)とPJの骨をペット霊園に納めることでした。

場所は日野春の近くの八ヶ岳ペット霊園です。
d0152765_2238366.jpg

奥の六角堂に骨を納めます。
2年間したら、手前の観音様の下に他の子と一緒に納めることになります。
一番手前はお塔婆が立てられています。
d0152765_22481714.jpg

骨を納める時はご住職がお経を読んでくださいます。

ちゃんと4つか5つのお経を読んでくださいました。
ジャスパーは外で木につないでいたのですが、鳴きも吠えもせず静かに待っていました。
PJがそばにいてくれたのかも。
時々会いにくるからねえ。
d0152765_22442380.jpg

[PR]
by PJmama | 2010-05-01 22:49 | PJ | Comments(0)

お知らせ 

11月7日土曜日 3時から engawacafeでcocoさんとPJの思い出話をしようと思っています。
エンガワカフェはPJが亡くなる前、cocoさんと最後に会った場所なので。

八ヶ岳在住、もしくは土曜日に八ヶ岳に来ていらっしゃるこのブログでPJに親しみを感じてくださっていた皆様。

もし、お時間があれば「エンガワカフェ」にいらっしゃいませんか。

縁側の奥の席にちんまり座っていると思いますので、見かけたら声をかけてくださいな。

ここは犬連れOKです。
ワンちゃんにも会えたら嬉しいです。
[PR]
by PJmama | 2009-11-05 17:43 | PJ | Comments(10)

1ヶ月過ぎて

29日はPJの命日でした。

1ヶ月時間が経つのを遅く感じました。
毎日夕方から夜寝るまで私と二人の時間が長かったから、それがなくなって一人の時間をもてあましているせいでしょうね。
以前の生活になかなか戻れないものです。

29日犬友のママたちにうちに来てもらいました。
供えてあった残ったおやつや、きれいそうなおもちゃなどを差し上げたので、ちょっと部屋がすっきりしました。

d0152765_14324263.jpg

d0152765_14331356.jpg


PJの思い出にと作ったハンカチも持って帰ってもらいました。

d0152765_14441218.jpg

PCが普及してから便利になりましたね。
ぜんぜん店に行かなくてもネットで注文できるんですもの。
両側は八ヶ岳のデッキで撮った写真をもとにしています。
右のデッキ材が白っぽくて阪神タイガースみたいと言われました。
そう言われればそうですね。
[PR]
by PJmama | 2009-10-31 14:47 | PJ | Comments(10)

PJ memory 4 変?

 今日は台風で仕事がキャンセルになったので、うちにいます。
米や野菜や果物の農家の方たちはこの収穫前のこの時期に台風が来ると大変ですよね。
春から手をかけて大事に育てていたものがダメになるなんてやるせない。
被害が少ないといいですけど。

 今までPJのmemoryは可愛い写真だけ載せていたけど、面白い顔や変な顔のもあるんですよね。
 ベストショットの写真はなかなか撮れなかったけど、いくつか紹介したいと思います。

子犬の時
d0152765_10241848.jpg

にやけた顔、何思っていたんだろう?

d0152765_10393868.jpg

アレルギーで顔を腫らしておいわになった顔

ちょっと大きくなったらいたずらも始まり、ときどきお仕置き。
d0152765_1027383.jpg


成犬になってから、おじさんぽい顔の時は夫に似ていると言われていました
d0152765_10363830.jpg

d0152765_1045865.jpg

ホント眠いときはおっさん顔

d0152765_10334388.jpg

階段からのぞいている顔はぶたさん。

ひっくり返って、ハグハグしている顔は口が裂けた狼みたいでおっかない顔でした。写真がなくて残念。

いろいろな変な顔で笑わしてくれてありがとうね。PJ。
[PR]
by PJmama | 2009-10-08 10:45 | PJ | Comments(8)

PJ memory 3 遊んだところ

 PJと毎晩散歩に行っていたので、その習慣がなくなって寂しいです。
といっても今日みたいな雨の日は散歩お休みだったんですが。
(子供の時、レインコート着せたら、それがよほどいやだったのか雨の日も嫌いに。雨の日はうちでボール投げして遊んでいました)
 
 毎日の散歩は近くの緑道か川沿い。犬が入っていい公園まで15分ぐらい歩いて、そこで犬の友だちとよく遊びました。

d0152765_1419105.jpg

d0152765_14193774.jpg


 週末は別荘ができる前はドッグランや海や川などによく行っていました。

たとえは。
★ドッグラン
 神代植物園、氷川台、昭和記念公園、武蔵小金井公園
 でも、途中から犬と遊ばなくなったので、連れて行かなくなりました。
★公園
 野川公園、木場公園、代々木公園、幕張海浜公園、葛西臨海公園、多摩川河川敷の公園
★川や湖 
 拝島、釜ヶ淵、西湖、河口湖

d0152765_14284045.jpg


別荘ができる前はたくさん旅行にも連れて行きました。
★東北
 蔵王まで(行きは日光、帰りは那須に寄って。山形や仙台にも立ち寄りました)
★北関東
 水上温泉、北軽井沢、館山、那須
★静岡
 下田、小田原、河津、河口湖
★甲信越
 乗鞍、八ヶ岳

d0152765_14412122.jpg

d0152765_1442592.jpg

d0152765_14423313.jpg


PJ、外で遊ぶのはいいんですが、宿では落ち着かないことが多かったですね。
休みの時の渋滞や好きな時間に部屋に入れないことなや他の犬や人がいるのも疲れるようになって、別荘を建てることを考えるようになったんです。

実際、建ててみてよかったです。
PJも楽しそうでした。ただ別荘でのお留守番は嫌いだったみたいけど。
[PR]
by PJmama | 2009-10-06 14:48 | PJ | Comments(6)

PJ memory 2 青年時代

 PJが倒れてからのブログでコメントいただいた方々に一人一人お返事できなくて申し訳ありませんでした。
 初めてのコメントくださった方(yannさんや山梨遊人さん)の励ましも嬉しかったです。
またいつもコメントくださる方々の心のこもったお悔やみ、癒されました。
皆様ありがとうございました。

 PJについてもう少し、知っていただければ思います。

PJの身体的特徴:
・頭頂部がとんがっていた。
・下の歯の一番先2本が出ていた。(歯並びが悪かったってこと)
・眠くなると下瞼が下に垂れ、中の膜が見えた(赤かったので、結膜炎?とよく聞かれた)
・足が太くまっすぐ(サリーちゃんのようだった)。
・顔、マズルが細め。女の子顔。でも肩幅はしっかりしていた。

写真は6ヶ月のPJ
d0152765_18213151.jpg


PJの性格
・恐がり。
 段ボール(小さいとき空箱蹴った音聞いて驚いてから)、傘(急に開いた音に驚いてから)、お祭りの太鼓、掃除機、動いている洗濯機(私がトイレに入っていると、開き戸鼻で開けて中に入ってきて頭だけ洗濯機を見ていた)、高いところもだめ。

d0152765_1994650.jpg


・強気
 小さいときはどんな犬でもなかよくしていたが(去勢していたせいか特に女の子にもてた)、1歳過ぎて雄の意識が芽生えてから、雄が後ろに回ると怒るように。
 それに私たちにも人にも腹を出すことはほとんどなかった。
d0152765_19103186.jpg


・人好き
 ゴールデンはみんなそうかもしれないけど、うちに来た人は大歓迎。帰る人はそっけなかったけど。大好きな人に飛びつく癖はどうしても直らず。撫でてもらうのが好きで、後ろを向いて足の上に座って動かなくして、撫でるのをねだっていた。

d0152765_19113524.jpg


・変な癖とか
 ぬいぐるみは破壊して中の綿を全部出すものと思っていたみたいで、ものの数分で見る影もなくなったけど、鼻デカのゴールデン、ラブのぬいぐるみは寝るときのおしゃぶりで、壊すことはなかった。眠くなるとクチュクチュ音を立てておしゃぶりしていた。
d0152765_1914824.jpg

d0152765_10491924.jpg


 PJはレーザーポインターで遊ぶのが好き。夜の公園でよく赤い点を追いかけて走り回っていた。

私とPJの関係は、遊び友だち+αだったように思います。
夫にはしない甘噛みもしていましたし。
度が過ぎたいたずらにマジで怒るとしっぽがひゅーんと下に入り、ごめんなさいと手を舐めて許しを請う姿はかわいかったんですよ。
[PR]
by PJmama | 2009-10-05 19:24 | PJ | Comments(0)

PJ memory 1 幼犬時代

 気持ちの整理のためにも、PJの思い出を数回に分けて書き残したいと思います。

PJは2002年5月24日♂3、♀1の4頭兄弟で生まれました。
埼玉のほうのブリーダーです。

見に行ったとき、3頭は同じような顔をしていたのですが、PJだけはなんか違う顔でした。それでショードッグには向かないと判断され、うちの子になったのです。

d0152765_21422839.jpg

d0152765_21384181.jpg

はじき出されて後ろのほうからこちらを見ているのがPJです。

d0152765_2139299.jpg
d0152765_21391657.jpg

ようやく前に出て来られたPJ。カワウソみたいな顔。

とぼけた顔だなあと最初思いましたが、まあ、それが大きくなって優しい顔の男の子になったので、よかったんですけど。

7月中ごろうちに来てからは3度目のワクチンまでうちで色々な人に来てもらってかわいがってもらいました。私の家族、主人の家族、のちにPJの恋人になるNちゃんやMちゃんなど、それこそ日替わりで来て、撫で撫でかわいがってもらいました。たぶんそのせいで人が大好きになったんですね。

d0152765_2139399.jpg
d0152765_21395257.jpg


赤ちゃんのときって本当にかわいいですよね。
起きて見に行ったら、うんちまみれになっていたり、寂しくて壁がりがりしたり、カーペットボロボロにしたり、大変なこともありました。
たぶん消臭剤のせいだらしいですが、うちに帰って、見たらお岩さんのように目が腫れ上がり、急いで病院につれていったこともありました。

ワクチンを打って、その足でジェニーに挨拶に。
その後もときどきジェニーといろいろ遊びに行きました。
d0152765_21401885.jpg

[PR]
by PJmama | 2009-10-01 21:35 | PJ | Comments(8)

PJが今朝の明け方、旅立ちました。

麻酔が効いて落ち着いていたので、二人とも側で寝ていたとき、静かに眠るように逝きました。

 穏やかな最期を祈って下さっていた皆様、ありがとうございました。
まったく苦しみませんでした。
1週間大好きだった人たちに別れを告げ、私たちにも別れる準備の時間を与えるために頑張っていてくれました。
本当に親孝行な子でした。

d0152765_18193650.jpg

 明日葬儀を行うので、その前にいろいろきれいに整えてお迎えに来てもらうまでは
泣かなかったのですが、今ブログのタイトルと書き始めた途端、涙が溢れて止めることができません。

 このブログは八ヶ岳でPJと楽しい日々をつづるためにも開いたものでした。
(ガーデニングを邪魔するPJを邪険にすることもありましたが)
悲しいことはそぐわないかもしれません。
八ヶ岳の楽しい休日の日記にはふさわしくないかもしれません。
でも、今の私にはしっかりPJとの思い出を残したいと思っています。


 うちに帰ってきたのは水曜日の夜。それから少し回復をしました。
うちに帰ってうれしかったんでしょうね。

木曜日、朝 PJの恋人1のNちゃん、ドイツ人のおばさんLさん、いつも散歩の時に可愛がってくれた薬局のおばさん、それからPJの幼なじみGFのエルマーママ、クッキーママがきてくれました。その都度、PJは頭起こしてしっぽ振り振りして喜びを表しました。昼過ぎ私の実家がジェニー(16歳半の黒ラブ)を連れて来てくれました。夜には仕事帰りで寄ってくれた元仕事仲間でPJを赤ちゃんの時から可愛がってくれ、土曜日八ヶ岳に行くとき談合坂であったTちゃんも来てくれました。

d0152765_17555487.jpg


金曜日、ずっとPJは夫の腕枕で寝ていました。午前中は動物病院勤務のPJ恋人2のMちゃん、エルマーママ、PJの恋人1のNちゃん夫妻とPJが寝っ転がるほど好きなシーズートトパパママ。少し元気になっていたPJはしっぽ盛大に振っていました。
このころ少しずつ痰が絡んで呼吸が苦しくて、体位を変えたり苦しそうな様子を見せ始めました。

d0152765_18241723.jpg


土曜日 エルマーママとやはり同じ幼なじみPJの子分グーちゃんママとゴールデンの女の子で同じ病気(でも12歳の♀)を今年亡くしたハナちゃんパパママと往診の先生と看護士さんが来てくれてれました。少し楽そうになりました。

日曜日 夜中に苦しそうだったので、朝初めて鎮静剤を使いました。弱い物は効かず、強い物に替えたら、少し発作のようなものが起きました。それから割と深く眠るようになりました。もう人が来ても反応しませんでした。仕事仲間でPJが遊び相手と思っているOちゃん。
仕事ではとても迷惑かけました。

月曜日未明 覚醒してきてやはり呼吸が苦しそうだったので、強い鎮静剤を入れたら、また発作が起きました。その後は深い鎮静にはいりました。また次回覚醒して発作が起きた場合どうするかのために動物病院に電話したら、往診に来てくれて、次回使う麻酔を置いていってくれました。夜夫が仕事から帰ってからまた覚醒してきたのがわかったので、たくさん話しかけた後、麻酔を半分入れました。

そして…。
明け方静かに息を引き取りました

怒濤のような一週間でした。まさかこんなことになるなんて思ってもみませんでした。
元は脾臓の血管肉腫だったのが、肝臓、肺、心臓まで転移していた結果のようです。
どうして気がついてあげられなかったのか、犬ドッグを受けさせなかったのか悔いは残ります。
うちに帰ってからはいろいろ注射とかホメオパシー(ホモトキシコロジー)の薬とかいっぱいしていたので、その時はいいのですが、一人でPJといる時間は泣いて泣いて。

d0152765_18154421.jpg


でも、PJは倒れるのをいろいろなスケジュールを考えて倒れたとしか思えず、寿命を知っていたのではないかと思われてしかたありません。

大阪にいてPJ会いに来られない家族や友だちはメールで祈っていてくれました。
ありがとうございました。
何度も会いに来てくれた幼なじみのママ達本当にありがとう。

PJはいっぱいの愛をみんなに届けたと思います。
怒濤の一週間長い文を読んでくださり、ありがとうございました。
[PR]
by PJmama | 2009-09-29 18:25 | PJ | Comments(13)