ゴールデンレトリバーPJと八ヶ岳南麓での週末生活をスタートし、今は2代目ジャスパーを連れて通っています。八ヶ岳の生活が主ですが、たまにジャスパーネタや旅行の話も書いてます。

by PJmama

カテゴリ:別荘建築( 5 )

IT環境

建築事務所に聞いてもらっていたCATVに関して、当初2月に入るっていってたのに、4月の終わりか5月になるとCATVの会社の人から連絡がありました。

電話はつけないので、インターネットの環境はCATVのケーブルにするつもりだったんですよね。
うちがあるところはサービスエリア外だったけど、建築途中で今後新築の予定がある場所だから、ケーブル敷設する予定になっていると聞いていました。

CATVの会社の人の話によると、他の家が建ちそうだったので、電柱架設を確認してからと思っていたとのこと。
すぐには建たないことがわかり、ようやく重い腰をあげたみたいです。

もっとせっつけば良かった。
私たちは週末もうちで仕事することがあるので、別荘にインターネットがないととっても不便。

とくにGWは長くい滞在しようと思っているので、それまでにどうにかしてと頼んだけど、どうなることやら。

別にTV見たいとは思わないんですけどね。あ、でもオリンピックのサッカーはみたいかな。
[PR]
by PJmama | 2008-02-24 22:26 | 別荘建築 | Comments(1)

別荘建築4 照明

照明って難しい。図面は平面だから、光が実際ついたたらどんな感じになるかイメージできないんですよね。

自宅もそうでした。建築家が必要だというところに照明器具をつけたけど、使わないもののあります。暮らしの中でそんなに光でバリエーションつけるなんて優雅なことしないもんです。

反省を踏まえて、今回は少な目にしました。暗かったら補助のスタンドとか買えばいいし。でも全体のイメージに合うようにデザインは考えました。
当初建築家が提案したのはスポットライトとか使って、どうもイメージと合いませんでした。高いものもあったし。ダイニングとかは自分がほしかったものにし(前回のブログの画像に写っているガラスキューブのペンダントライト)、その他は同じようなものでも安いものを探して、変更をしてもらいました。

こちらが希望していたゲストルームのダウンライトは床が暑くなるので取り付け不可とか、スロープとかの照明はソファーに座っているときまぶしくないようなもののがいいとかアドバイスを受けて決めていきました。

建築家のイメージとして通り土間の照明はすっきりとした蛍光灯(これも前回のブログの画像に見えてます)。ちょっと高かったのに、住んでみたら別に必要なかったんです。やっぱりわからないもんですね。

取り付けた照明以外に3灯のスタンドライトをソファー近くに置くために買いました。本を読むのに暗そうだったから。

ダイニング、スロープ、2階の照明は調光できるようになっているし、デッキを照らす外灯もつけたので、別荘では照明のバリエーションを楽しんでいます。

テレビとか買って、自宅と同じような生活になったら、使わなくなるかも。

ところで照明のスイッチって大切。ずいぶん動線考えてスイッチの場所を決めたつもりだけど、この照明のスイッチはこの場所にあったら便利だったなあというのが出てきました。自宅の時はもっと熱心に考えたから問題でなかったんですけどね。ちょっと気を抜いていたのかも。


さて次回はカーテンと家具についてです。
[PR]
by PJmama | 2008-02-06 22:31 | 別荘建築 | Comments(0)
今回は別荘の素材、仕様、設備などについて書きます。


屋根材:ガルバリウム鋼材 色はいぶし銀

外壁材:
・ジョリパッド 色はベージュと黄土色の間ぐらい
・杉板 色は焦げ茶
床材:
・石器質タイル1(テラコッタ風 色はピンクとオレンジの間、ペット仕様のもの、玄関、通り土間、キッチントイレに使用)
・石器質タイル2(色は薄いグレイ。INAXのサームタイル。洗面所、浴室使用)

・フローリング1(パインエナジーフローリング。無垢財、無塗装。これは薫蒸したもので床暖房用。色は焦げ茶。薫蒸した色なので、PJが爪でひっかいても色は変わらず。リビングとゲストルームに使用)
・フローリング2(パインフローリング。無垢財、色は1の色の合わせたも   の)
・サイザル麻タイルカーペット(色は茶色。スロープに使用)

内壁材:
・板張り(レッドパイン。白い塗料をふき取り、通り土間、寝室、ゲストルーム、天井に使用)
・塗り壁(チャフウォール。色はオフホワイト。これはホタテの殻を砕いたもの)

デッキ材:アフゼリア

その他:
・造作材(クローゼットやキッチン、梁などパイン集積材。色は薄く明るい茶色)
・暖炉壁(ミッドランドブリックレンガ。濃い茶色)


設備
・キッチン:冷蔵庫(無印良品)、IHクッキングヒーター(日立)
・トイレ:toto アプリコット
・洗面所:ドラム式洗濯機(無印良品)
・浴室:イデアトーン浴槽(INAZX)
・薪ストーブ:Newマーズ(ヘルゴン製)
・暖房:エコキュート、床暖房

犬と暮らすためにいろいろ工夫しました。
・玄関わきに足洗い場
・滑らない床材
・においを吸着する壁材
・浴室に入れるドア
・キッチンに入れないスイングドア

d0152765_21134879.jpg


次回は照明について書きます。
[PR]
by PJmama | 2008-02-05 21:14 | 別荘建築 | Comments(0)

別荘建築2 建物プラン

建築事務所は建築プランをいくつも紹介していて、下黒沢の土地に合う一つのプランを考えました。平屋でくの字のデザインです。少し傾斜がある土地だけど、対応できるとのことだったし。
また、そのバリエーションとして、真ん中のリビングの天井を高くして、ロフトを作る案も作ってくれました。

いろいろな要望を伝え、また自宅に来てこちらの好みもわかっていただいた後に、結局既存のプランではなく新たなデザインを考えてくれました。
その分、価格は高くなりましたが。

できあがったのは平屋で長方形のシンプルなデザイン。片方が1.5階なので、屋根は方流れというものです。
玄関入ると、まっすぐ通り土間。右にトイレと洗面所、浴室。土間と部屋は一つの大きな空間。キッチンに作りつけのテーブル、リビングがあります。その先は半地下がゲストルーム、半2階が寝室。ゲストルームの壁は開き戸で開き、2階は柵があるのみ。リビングには大きな窓があり、眺望を楽しめるようになっていました。半2階に行くには階段ではなくスロープで。

シンプルだけど、過ごしやすそうな家で、気に入ったため、下黒沢の土地がダメになった以降もこの家が建つかどうか土地を見るときの基準ともなりました。

実際土地を購入して立て始めたのは去年の8月。
いろいろな細かい仕様については次回書きます。
[PR]
by PJmama | 2008-02-03 21:30 | 別荘建築 | Comments(0)
土地を探すと同時にどんな家がいいか考え始めました。
別荘を建てるとき、そこで何をするかが大きな問題。
うちは山を見て癒されたいというのが希望だったので、窓が小さいログハウスは向きません。
建築雑誌で見たアメリカのRホームが気になって、まず横浜の住宅展示場へ。でも建坪小さいと窓も小さくこれは希望に添いませんでした。

次は似た感じの日本の住宅メーカーに連絡を取ってみました。そこは八ヶ岳に土地も持っていたし、実際現地にいくつか建てていたので、案内してもらいました。でも…、これも今ひとつピンとこず。

またもやインターネットでいろいろ調べていたら、八ヶ岳の建築事務所に行き着きました。既存のデザインでも割と素敵。さらに最初の候補地、下黒沢の土地の
下にあった住宅がその建築事務所の建物で、その住人に話してみるとお勧めとのこと。割と気に入ったので、連絡を取って会うことになりました。

実際会ってみると、感じいいし、情熱も感じたので、任せることに。
以前家を建築事務所と建てた経験から、一緒に建てる醍醐味を味わっただけに、住宅メーカーより建築事務所のほうがいいという結論に達したのでした。
[PR]
by PJmama | 2008-01-31 23:40 | 別荘建築 | Comments(2)