ありがとう。愛してるよ。

PJが今朝の明け方、旅立ちました。

麻酔が効いて落ち着いていたので、二人とも側で寝ていたとき、静かに眠るように逝きました。

 穏やかな最期を祈って下さっていた皆様、ありがとうございました。
まったく苦しみませんでした。
1週間大好きだった人たちに別れを告げ、私たちにも別れる準備の時間を与えるために頑張っていてくれました。
本当に親孝行な子でした。

d0152765_18193650.jpg

 明日葬儀を行うので、その前にいろいろきれいに整えてお迎えに来てもらうまでは
泣かなかったのですが、今ブログのタイトルと書き始めた途端、涙が溢れて止めることができません。

 このブログは八ヶ岳でPJと楽しい日々をつづるためにも開いたものでした。
(ガーデニングを邪魔するPJを邪険にすることもありましたが)
悲しいことはそぐわないかもしれません。
八ヶ岳の楽しい休日の日記にはふさわしくないかもしれません。
でも、今の私にはしっかりPJとの思い出を残したいと思っています。


 うちに帰ってきたのは水曜日の夜。それから少し回復をしました。
うちに帰ってうれしかったんでしょうね。

木曜日、朝 PJの恋人1のNちゃん、ドイツ人のおばさんLさん、いつも散歩の時に可愛がってくれた薬局のおばさん、それからPJの幼なじみGFのエルマーママ、クッキーママがきてくれました。その都度、PJは頭起こしてしっぽ振り振りして喜びを表しました。昼過ぎ私の実家がジェニー(16歳半の黒ラブ)を連れて来てくれました。夜には仕事帰りで寄ってくれた元仕事仲間でPJを赤ちゃんの時から可愛がってくれ、土曜日八ヶ岳に行くとき談合坂であったTちゃんも来てくれました。

d0152765_17555487.jpg


金曜日、ずっとPJは夫の腕枕で寝ていました。午前中は動物病院勤務のPJ恋人2のMちゃん、エルマーママ、PJの恋人1のNちゃん夫妻とPJが寝っ転がるほど好きなシーズートトパパママ。少し元気になっていたPJはしっぽ盛大に振っていました。
このころ少しずつ痰が絡んで呼吸が苦しくて、体位を変えたり苦しそうな様子を見せ始めました。

d0152765_18241723.jpg


土曜日 エルマーママとやはり同じ幼なじみPJの子分グーちゃんママとゴールデンの女の子で同じ病気(でも12歳の♀)を今年亡くしたハナちゃんパパママと往診の先生と看護士さんが来てくれてれました。少し楽そうになりました。

日曜日 夜中に苦しそうだったので、朝初めて鎮静剤を使いました。弱い物は効かず、強い物に替えたら、少し発作のようなものが起きました。それから割と深く眠るようになりました。もう人が来ても反応しませんでした。仕事仲間でPJが遊び相手と思っているOちゃん。
仕事ではとても迷惑かけました。

月曜日未明 覚醒してきてやはり呼吸が苦しそうだったので、強い鎮静剤を入れたら、また発作が起きました。その後は深い鎮静にはいりました。また次回覚醒して発作が起きた場合どうするかのために動物病院に電話したら、往診に来てくれて、次回使う麻酔を置いていってくれました。夜夫が仕事から帰ってからまた覚醒してきたのがわかったので、たくさん話しかけた後、麻酔を半分入れました。

そして…。
明け方静かに息を引き取りました

怒濤のような一週間でした。まさかこんなことになるなんて思ってもみませんでした。
元は脾臓の血管肉腫だったのが、肝臓、肺、心臓まで転移していた結果のようです。
どうして気がついてあげられなかったのか、犬ドッグを受けさせなかったのか悔いは残ります。
うちに帰ってからはいろいろ注射とかホメオパシー(ホモトキシコロジー)の薬とかいっぱいしていたので、その時はいいのですが、一人でPJといる時間は泣いて泣いて。

d0152765_18154421.jpg


でも、PJは倒れるのをいろいろなスケジュールを考えて倒れたとしか思えず、寿命を知っていたのではないかと思われてしかたありません。

大阪にいてPJ会いに来られない家族や友だちはメールで祈っていてくれました。
ありがとうございました。
何度も会いに来てくれた幼なじみのママ達本当にありがとう。

PJはいっぱいの愛をみんなに届けたと思います。
怒濤の一週間長い文を読んでくださり、ありがとうございました。
[PR]
Commented by 山梨遊人 at 2009-09-29 19:11 x
はじめまして。
お会いしたこともないのですが、いつも八ヶ岳南麓週末日記を楽しみに読ませていただいています。
私も昨年夏に大泉に家を建て、月1~2回八ヶ岳生活を楽しんでいます。
PJママさんの素敵な日記を読み、お勧めのお店に行ってみたり、PJの姿を写真から思い浮かべたりしています。

先日の突然の日記に驚き、気になって仕方ありませんでした。

PJさん、安らかに眠ってください。合掌。

ママさん、思い切り泣いてください。そして、これからも日記の更新をお願いします。
Commented by tama_ajisai at 2009-09-29 22:49
こんばんは。
PJ君・安らかなお顔で・・・眠っているようですね(涙)
大好きな人たちに囲まれ、最後はパパとママの間で静かに
旅立つことができて・・・寂しくなくて・・よかったです。
PJ君は多くの方々に愛されていたのですね。
月並みな表現だけど・・・
みなさんの心の中でPJ君はいつまでも幸せに生き続けていることと思います・・・合掌(_ _)
Commented by nanayumi723 at 2009-09-30 00:24
PJ、突然、しんどくなって、びっくりしただろうね。
今、痛みや苦しみから解放されて、平和なお空の上でのんびりゆっくり休んでね~。
ななもいてるよ。
「PJがそっちに行くけど、意地悪せんと仲良く遊ぶんやで」って言うときました。
会ったら、よろしく伝えてね。
Iちゃん、かける言葉が見つからず、電話でけへん。ごめん。
Commented by coco_lohas at 2009-09-30 01:25
PJ君苦しまなくてパパとママに見守られて眠るように旅立たれたのは、ほんとに救いでした。
でもあまりにも急変で・・・
元気にうちの土地で駆け回って遊んでくれたこと、撫で撫でしてる感触にビビを亡くした私たちもどれだけ癒されたでしょう。
安らかな綺麗なお顔です。
存在が大きいだけに、寂しさはすぐには拭えないと思いますが、でも時間が必ず癒してくれますから、ぽろぽろ、ぽろぽろ、こみ上げてくるままに…ね。
PJ君と過ごした時間心からありがとう。
Commented by Pベリママ at 2009-09-30 08:13 x
とても残念です
たくさんの大好きな人たちに会えて、パパとママのそばで
穏やかに旅立つ事ができてよかったです。
PJ君、ゆっくり休んで下さい。
心からご冥福をお祈りいたします。
Commented by まかぱぱ at 2009-09-30 08:37 x
PJmamaさま、私たちも清里に先代の愛犬のGRのトレーシーと暮らすために家を建てました。しかし、家を建ててから、半年もしないうちにトレーシーは壮絶な癌となり、半年以上介護が続き、2006年春に旅立ちました。
今回は、大変つらい1週間だったと思いますが、きっと、PJ君は今、天国で遊んでいます。そして、PJmamaさんの心の中でずっと生きています。
PJ君のご冥福をお祈りいたします。
Commented by ハナ母 at 2009-09-30 10:38 x
PJママさん、大変つらく悲しい時でしたね。もちろん今もPJ君がいなくなった喪失感に涙してしまいますよね。PJ君のおもちゃやフードを見ると泣いちゃいますよね。まだ7歳なのに、なぜ神様はPJ君をやさしいパパ&ママのもとから連れて行ってしまったの?わたしも涙せずにいられません。
PJ君はたいへん大きな愛につつまれて、虹の橋を渡ったんですね。
そして容態が悪くなってたった1週間でいってしまうなんて・・、ママに迷惑かけたくなかったのかな。ほんとにいい子でしたね。
犬の寿命の半分くらいしか生きられなかったけど、PJ君は本当に幸せな犬生だったと思います。
PJ君、やすらかにおねんねしてね。
Commented by LaLa at 2009-09-30 10:44 x
何とか奇跡が起きてくれないものかと毎日祈っていました。読みながら涙があふれて今のPJmamaさんの気持ちが痛いほど伝わってきました。今朝の雨が悲しいです・・・

私自身も先代のGRを看取った後、何を見ても一緒に過ごした思いがあふれ所構わず涙があふれ天国の父には叱られそうですが父との別れのときより悲しく辛かったものです。

PJくんへ
会えなかったけれど忘れないよ・・・虹の橋を渡っても君のことならきっとたくさんのワンたちと広いところで走ったり泳いだりしていることでしょう。もちろんとびっきりの笑顔で・・・
私からもありがとう・・・



Commented by naomaru at 2009-09-30 18:40 x
pjmamaさん、本当に辛かった一週間でしたね。
とても悲しくて、寂しいですよね。
pjmamaさんの笑顔を戻るのを待っています。
pj君。天国で元気に駆け回っていると思います。
Commented by PJmama at 2009-09-30 20:25
◆皆様
心温まるコメントをくださり、ありがとうございました。
コメントを読みながら、また涙にくれています。
本当にみなさん優しいんですもの。
悲しい別れを経験している方も多いから自分のことのように思ってくださったんですね。
励まされました。
本日葬儀を終え、PJは骨になって戻ってきました。

PJのいないうちは静かでとっても広いです。
慣れるのは少し時間がかかりそうです。

少しずつ元気になりたいと思います。
本当にありがとうございました。
Commented by 8gatake at 2009-09-30 20:52
PJmamaさん、
胸が詰まってしまい、かける言葉がみつかりません。
眠っているような綺麗なPJくん、きっと幸せな気持ちで旅立ったのでしょうね。
PJmamaさんや旦那様に笑顔が戻りますように。
Commented by yann at 2009-10-01 14:48 x
PJくん、ほんとにがんばったね。えらかったね。
PJママさん、お疲れさまでした。
あっぱれなママっぷりだったと思います。
PJくんはとても幸せな旅立ちだったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented at 2012-02-02 19:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by PJmama | 2009-09-29 18:25 | PJ | Comments(13)